<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


あけましておめでとうございます!



(写真をクリックすると別ウィンドウで大きなサイズのものが開きます)


今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



背景の文字は、はリルケの詩から。

「そのけものは

もしかしたらいるかもしれない 

という可能性を食べることによって

生きている」




** | - | comments(0) | trackbacks(0)|


黄色と白でふわふわに充たされた日


おおみそか、ここのところの恒例行事となりつつある、Mやんとの「この一年どうだった?来年どうする?」会。
忙しいなか、心斎橋を案内してくれて、パンケーキづいている私のためにEgg'n Thingsに連れていってくれました!
1時間くらい並んだけれど、いくらでも話すことがあるのであっという間☆

(写真をクリックすると別ウィンドウで大きなサイズのものが開きます)


本日のオムレツ。牛肉のトマト煮とチーズがたっぷり。



ブルーベリーとマカダミアナッツのパンケーキ!
絵本に出てくるような、可愛くてちょっと枠をはみだしてる感じのビジュアルキラキラ
ホイップクリームは20cmくらいありました。
パンケーキはふわふわやさしいバターミルク味で、甘さひかえめ。蜂蜜をかけて口に運ぶと、たっぷりしたミルクと卵の風味、ブルーベリーのさっぱりしたのどかな味わい、そしてマカダミアナッツの明るいコクが渾然一体となり、だんだん、体内にとり込んでいるのに外側から包まれているような陶然とした心地になっていきます。

一年ともなると本当にいろいろなことがあって、おしゃべりの内容はびっくりするようなことばかり。
そんないろんなあれやこれやを、まとめて包んで、ど〜んと来年に押し出してくれるような、不思議なふわふわでした。
Mやんいつもありがとう!(こころよく送り出してくれた家族にも感謝お願い
来年も、楽しいおしゃべりがたくさんできるような年にしようね☆


(帰りぎわに見かけた、ガタイのいい男性6人で、(どちらかというと)女子向けのつくりのソファにむぎゅむぎゅっと詰め込まれるように座って、嬉しそうなめいめいの前にひとつずつホイップクリームのタワーがあって・・・という、なんともほほえましく可愛かったテーブルが忘れられませんニコニコ 年末最後にして最大の癒やし・・・)


** | Sweets | comments(0) | trackbacks(0)|


なんばの空中庭園と光の滝


関西に帰省中。
なんばパークスに行ってきました。

(以下、写真をクリックすると別ウィンドウで大きなサイズのものが開きます)



逆すりばち状の断崖(地層のような縞もようが施されている)が左右から迫る。
見上げると、たやすく揺らぐ遠近感、そしてうつろう光と影とが、年のおわりのそわそわとあいまって、不思議な浮遊感が。



天空の鍵穴。
どちらが外なんだろう。



屋上庭園にて。
目玉焼きのような、もりそばのような・・・



太陽がしずむのと同時に、森に色とりどりの灯りがともり、青い光の奔流が。




音楽と光と色で充たされた庭。




谷底から見上げる光の滝。流星のような白い焔がいくすじも尾をひいて、たえまなく流れおちていました。
** | nature | comments(0) | trackbacks(0)|


10年越しに咲いた花


連載「インドの色彩と紋様」の第2回、「花畑のダイニングテーブル」がアップされました。

色彩と紋様の持つゆたかなエネルギーを体感することのできる、すてきなテーブルです☆

ブルーナ氏といえば、2004年の板橋区立美術館での展覧会がほんとうにすばらしくて、未だに鮮明に記憶に残っています。以来、感覚の芯にささったままうずき続けてきたようなときめきが、このテーブルを見た瞬間にぱあっと、10年越しに花ひらいたのでした。


うさこちゃんの絵本は、文字と絵のページを分断しないよう、見開きで世界をつなげるように配慮してデザインされているのだそう。文字の字面&響きも絵のうちなのでしょう、ふつうの絵本とは、絵と文章の量や濃さのバランスがまったく異なります。
歌を口ずさむように読みたくなってしまう文章と、シンプルな中に奥深い情感がこめられた絵。
「うさこちゃん」のキャラクターはそれこそ生まれたての赤ちゃんからも愛されているし、0歳からの絵本も出ているけれど、実際のところ、この世界のゆたかさあたたかさを味わうのは、あまり小さな子どもではむずかしいのかも・・・と、これまでずっと読み聞かせをしながら感じてきました。
我が家のちびさん4歳、やっと、自らの内面にあふれるイメージや外界から絶え間なく降りそそぐ刺激を、ことばを使って整理したり表現したり、なによりコントロールしたりすることができるようになってきて、「うさこちゃん」の真のおもしろさにめざめたようです。これからたくさん読んであげるのが楽しみなのでしたキラキラ
** | Works** | comments(0) | trackbacks(0)|


インドについて、書いています


尊敬する編集者さんからお話をいただいて、日本におけるインド料理の草分け的存在である、レヌ・アロラさんのプロモーションをお手伝いさせていただくことになりました。
アロラさんがお持ちの経験や知恵のすばらしさだけでなく、チャーミングで魅力的なお人柄にもふれていく予定です☆

「育児とスパイス〜レシピつき〜」「インドの色彩と紋様」のふたつのテーマで、記事を書いています。
前者には、うちのちびさん&ちびちびくんも頻繁に登場しますニコニコ

現在までに更新されたのはこちら

「育児とスパイス〜レシピつき〜」

1.ターメリックミルク

2.ターメリックのおかゆ

3.ターメリックライス

4.ターメリックピラフ

寒い季節にぴったりの、身体をあたためる、シンプルでおいしいレシピをご紹介していますキラキラ


「インドの色彩と紋様」

1.薔薇色のキッチン

花や庭をいつくしむように、自分だけの色をつくって育てるということ。花


** | Works** | comments(0) | trackbacks(0)|